高収入でも貯金できない固定費の罠に関するQ&A

高収入でも貯金できない固定費の罠に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「高収入でも貯金できない固定費の罠」をご覧ください。

2012年10月09日 Q.質問
現在、妻と離婚し、別の女性との再婚をするか悩んでいる者です。 私:30歳 妻:28歳 結婚:3年(交際4年の後、結婚) 子供:なし ペット:猫1匹 事の発端は、今年5月に、私が前職の同僚の女性A(30歳)に会ったことです。 彼女と会話を重ねていく内に、妻と彼女を比較するようになってきました。 【妻について】 妻は、3年前の結婚を機に4年間続けてきた仕事を辞め、私と暮らし始めました。私も「(結婚後)最初の3ヶ月はゆっくりして、落ち着いたらまた仕事をすれば良い」と伝えていました。「いつかは子供を」、とお互い考えていたので、私は子供のいない内に貯金を蓄えておくべきだ、と妻に仕事をするよう勧めてきましたが、結局2年半以上仕事をせずでした(今年7月から仕事を始めました)。また、妻は、家にいてもあまり家事をしてくれず、猫と過ごしているばかいりで、私が仕事から帰ってきてから食事を作ったり、たまに外食をしたりでした(時々、夕飯を作ってくれました)。また、掃除・洗濯についても、妻はやらず、週末に私がまとめてやっていました。結婚前から、妻が家事が好きではない事は理解していて、私は「結婚すれば少しは変わるだろう」と思っていたのですが、その性格は変わりませんでした。 【女性Aについて】 彼女は結婚をして、1年半が経っています。子供はおらず、仕事をしています。 結婚当初から、旦那さんとにすれ違いを感じており、結婚生活に不満がある、との話を聞いていました。すれ違いには様々な内容が含まれているとは思うのですが、大きくは以下のとおりだそうです。 1. 旦那さんは自営で早く帰宅し、また彼女は遅くまで仕事して帰宅するにも関わらず、一切家事を手伝ってくれない。 2. 休みの日も家にいるだけで、どこにも出掛けることがない。 3. 結婚記念日、誕生日、クリスマスなど、どのイベントについても無関心。 4. 夫婦間の会話がほとんどない。 また、最近では、彼女は彼女の母から「孫が見たい」と言われている状況下で、彼女は「旦那さんとの子供は生みたくない。生む前に離婚したい」と私に言っています。 私は旅行が好きで、一生の内に国内外問わず色々な土地へ行ってみたいと常に思っています。妻へも「○○へ旅行へ行こう」などと何度も誘いましたが、「友達と行ってくれば」と返されるばかりです。また、「(旅行の)計画をするのも面倒」とも言われました。 いずれ子供を授かり、子育てをする過程で、子供たちも色々な所へ連れて行きたいとも思いますし、子育てが終わった老後に、夫婦二人で色々な所へ旅行をしたいとも考えています。しかし、この状況下で、私は最近「本当にこの人(現妻)と一生やっていけるのか?」「この人(妻)との間に、子供を授かることが想像できない」ということを考えるようになりました。 逆に、彼女Aは、家事もしっかりやってくれそうで、旅行も好きなので、毎週旅行とまでは行きませんが、週末に旅行の計画を立てたりなど、楽しく過ごせるような気がします。また、共通の趣味があるだけに、将来子供を授かってからも、またその後も色々な所へ一緒に行ける気もします。 先日、女性Aから「一緒に暮らしたい」と切り出されました。 私も「彼女と暮らしたい」と思い、昨晩、妻に「今後うまくやっていけない。(妻と)離れたい」と伝えました。 それまでは、「妻と離れて、彼女と暮らしたい」と考えていたのですが、妻の泣く姿を目の当たりにし、『迷い』が生じました。 思い返せばここ数週間、妻は、私の素っ気無い態度に対し、常に笑顔で接してくれていたし、家事も積極的に取り組んでくれていたように感じます。恐らく、私が仕事で疲れているのだろう、と頑張ってくれていたのかもしれません。 長々と説明を書いてきたにも関わらず、肝心な質問をうまく書くことが出来ないです。 恐らく、皆さんへの質問は、 「妻を選ぶべきですか? それとも、彼女を選ぶべきですか?」 です。 こちらの質問を読んで頂いた方の考えをお聞かせいただければと思います。 よろしくお願いします。

 

2012年10月15日 A.回答
ふざけるな!! が自分の意見ですかね(-_-) いろんな意見があるとは思いますが、結婚するときに一生愛し続けますと誓ったんではないんですか?離婚の全てが悪いとはおもいません。ですが、あなたの場合は別の女性がいるからそうなっただけではないでしょうか?結婚すればかわるかも?それは自分が勝手に相手に望んだことで、奥様のせいにしないであげてください。あなたが気に食わないのであれば、自分の理想の奥様に育てていけばいいだけのことです。そのためにいろんなことをお互い納得いくまで話し合う。ちょっと嫌なことがあるとすぐ離婚! 別に女をつくるのは許す。 でも、一番幸せにしてあげないといけない人だけは間違えるなよ! 気持ちまで流されてどうする! しっかりしろよ! 根性なしはいつか自分で気がつかなきゃなおらないんだ! それを今にするのか、また今まで通り後回しにするのかはあなた次第です。 家事をしないんだったら少しづつでもしてくれるようにあなたが仕向ければいい。 旅行が嫌いなんだったら旅行の楽しさを教えてあげればいい。 価値観なんて同じ人はいないんだよ。 お互い歩み寄りが大事で、それが出来ない人は何度も同じ間違いを繰り返す。 貯金のために仕事してくれと言ったが、なかなかしなかった。 今やってんだったらいいんじゃないですか? 自分が最近までさせきれなかったことを相手が悪いように言ったってわかるやつにはわかるよ。 自分の不甲斐なさ。器の小ささ。 あなたがもし、私の知り合いだったら、そんな情けない男にはさせない。あなたが理解するまでとことん話し合うよ。 人間は成長する生き物なんだよ。 失礼な文で本当にすみませんでした。 大切な人を守ってあげられるのはあなたしかいないんです。 お互い頑張って生きて行きましょうね(^人^)
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較