銀行振込はオンラインバンキングで手数料節約に関するQ&A

銀行振込はオンラインバンキングで手数料節約に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「銀行振込はオンラインバンキングで手数料節約」をご覧ください。

2011年08月16日 Q.質問
住宅ローン比較 マンション購入にあたり、住宅ローン審査を申し込みました。結果2社から融資していただける旨回答をいただいております。 どちらに申し込むほうがよいのか、シュミレーションなどしておりますが、下記2社のうちどちら私にとって適しているのか詳しい方よりアドバイスをいただけましたら幸いです。 私:女、29歳、子供2人、現在第二子の育児休暇中、年収600万、今後も働く予定 購入物件:5300万、新築マンション ローン:頭金物件価格の3分の1760万、35年 A社: 借入額:3500万 返済期間:35年 返済方法:元金均等 金利タイプ:変動金利(当初金利は1.6優遇の0.875、当初金利期間終了後は1%優遇) ボーナス返済額:0円 融資手数料:31500円 保証料:まだ明確な額の確認がとれていませんが、(ネットでしらべてみて自分の予想は)900,000円くらいでしょうか? 繰り上げ返済手数料:オンラインバンキング利用で無料 *マンション販売会社提携ローン B社: 借入額:3500万 返済期間:35年 返済方法:元利金等 金利タイプ:3年固定(当初金利は優遇適用後1.05%、当初金利期間終了後は0.4%優遇) ボーナス返済額:0円 融資手数料:21000円 保証料:不要 繰り上げ返済手数料:毎月3回までは無料 現時点では私の考えは下記理由からA社に傾いております。 ①A社では元金均等返済が選択できる。 ②(B者との単純な金利比較は難しいが)金利が低い ③保証料が必要になるが、当方繰上げ返済を活用し、返済期間を短くしたい予定である ④マンション販売会社と提携ローンのため、手続きの負担が比較的小さい、手続き上の融通が利く (当方現在里帰り出産帰省中のため、銀行窓口に行くことが容易でなく、できるだけメール、郵送で手続きしたい) B社の融資担当者からは ①保証料は結構負担になるので、保証料不要というのはメリットですよ。 ②元金均等と元利金等、最終的な返済額はあまり変わりませんよ。 と説明をうけました。総支払額に大きな差(100万以上)が出ない限りはA社でよいかな、と考えています。 (ネットのシュミレーションでは400,000万くらいB社の場合のほうが支払額が少なくなります。) 私のこの考え方でよいかご意見、アドバイスいただけましたら、助かります。 どうぞよろしくお願いします。

 

2011年08月17日 A.回答
A社の方がいいです。 元金均等と元利均等では大きく返済額が変わります。(元金均等のが得です。) 元金均等であれば、毎月決まった元金返済が進められますし、返済が進めば進む程金利負担が少なくなる。 また、変動金利で低利運用ができることからA社を選んだ方がいいと思います。 銀行にもよりますが、繰り上げ返済をすれば戻し保証料があると思います。 B社はもしかしたら、利率の中に保証料が含まれているのかもしれませんね。 通期優遇幅を見てもA社のがお得なのでA社がオススメですよ(^^)
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較