高収入でも貯金できない固定費の罠に関するQ&A

高収入でも貯金できない固定費の罠に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「高収入でも貯金できない固定費の罠」をご覧ください。

2013年07月05日 Q.質問
義実家が家賃・光熱費の滞納しています・・・援助をすべきでしょうか。 結婚2年目、29歳妊娠6ヶ月の主婦です。旦那は32歳、一人っ子です。 義実家は徒歩5分ほどのところです。 元々義実家は経済的に厳しいようで、分った上で結婚をしました。 (2人とも今年70歳、年金生活で貯蓄なし・医療&生命保険なし・日々の生活費をやっと捻出している状態) 結婚後しばらく毎月4万ほど仕送りをしていましたが、義実家が家賃を3万安くした場所(今の近場の家)へ引越し、私が妊娠した事もあり仕送りはやめさせて貰いました。 もちろんこの際は旦那が義両親とシッカリ話をし、義両親も「子供にお金がかかるから、それでいいよ」と納得してくれていました。 その後の日々の生活は厳しいようですが、2人揃って毎日どこかへ出かけていたり(2人ともアートが好きで、しょっちゅう遠出して博物館や美術展に行っているよう)食事に行けばこちらがご馳走する事が多いですが、義両親が出してくれる事もありました。 なので、そこまで追い詰めた生活をしているようには見えませんでした。 しかし先日、旦那から「義両親が家賃・光熱費を数ヶ月滞納して督促されている」と聞きました。 具体的に何が何か月分かまでは聞けませんでしたが、合計すると30万くらいになりそう、とのことです。 このまま行けばガスと電気が止められそう、と。 旦那曰く、援助してくれ・お金貸してくれとハッキリ言われたわけではないようです。 ですが、俺に言ったっていう事は助けて欲しいんだろうな、、、、と。 私もその通りだと思います。 現在、旦那は失業保険受給中です。 私は正社員で働いていますが、9月で産休に入ります。 恥ずかしながらお互い余り貯金が無い状態で結婚した為、挙式披露宴でお互いの貯金は使い切ってしまいました。 そして半年間お金をためて昨年夏に新婚旅行へ行き、そこからスタートをした状態です。 つまり、2人揃って貯金を始めて1年経っていません。 その間に旦那は退職、現在は失業保険を受けながら学校へ通っています。 子供が生まれるまでに車の免許を取って欲しいと私がお願いし(私は免許を持っていますが、旦那はバイク免許しかなかった)貯金から教習所代25万ほど払い、8月には分娩予約として20万払わなければいけません。 そのほか、子供の為の準備として20万取っておいてありますが、これが現在貯金のすべてです。 私達の家計では毎月5万貯金をするのも精一杯で、旦那の保険や税金を払う月は2万すら貯金できないこともあります。 そんな中2人で協力し、子供の為にと必死で貯金してきたお金です。 旦那の気持ちは、きっと立て替えてでも払ってあげたいのだと思います。 ですが現在失業保険受給中という遠慮や、こちらの家計状況も分っているので「無理だよね、厳しいよな」と言っています。 私も、30万も立て替えたら子供の為に準備するお金どころか分娩予約金すら払えなくなってしまうと思い、「立て替えてあげよう」と言ってあげられません。 実は私は、旦那には言っていない貯金があります。 ただ、これは私の結婚が決まる直前に他界してしまった父が、私の結婚資金の為にと積み立ててくれていたお金です。 父が他界し結婚が決まった時、母から貰いました。 かなりの額がありますが、これには1円も手をつけておらず、旦那にも言っていません。 本当はこれを使えば30万の援助は可能です。 でも、どうしてもこれは使いたくありません。父が私の為に必死で貯めてくれたお金です。 だけどこのまま義実家を援助せず見放すなんてことも・・・できそうにないし・・・・。 皆様だったら、どうしますか。 家計から援助しますか。 旦那に言ってない貯金を出しますか。 ちなみに、旦那個人の貯金も多少あるようですが(金額は把握してないので分りませんが)とても足りないようです。 義両親たちは、自分たちで何とかするというような事を言っており親戚に声をかけてるっぽいですが、どうにもなりそうにありません。

 

2013年07月11日 A.回答
質問者さまはとてもやさしい人ですね。私なら絶対に援助したくありません。 お金がないならないなりの生活をすればいいだけの話なのに、文章をみているとそんな感じが見受けられないからです。 かといって一人っ子のご主人は助けてあげたいでしょう。 私も前の回答者さまと同じ意見です。 あなたの貯金のことは絶対に言うべきではありません。 そして質問者さまの家庭も苦しいことをしっかり伝えた上で、少し援助してあげたらどうでしょうか? 全額はさすがに無理だと思うので、援助できる範囲で。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較