分割払いやリボ払いはボーナス一括払いに変更して金利節約に関するQ&A

分割払いやリボ払いはボーナス一括払いに変更して金利節約に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「分割払いやリボ払いはボーナス一括払いに変更して金利節約」をご覧ください。

2015年02月01日 Q.質問
世帯年収600万の家計簿診断をお願いします。 主人35才(年収470万、手取り月30万、ボーナス手取り30万) 私30才(年収180万、手取り12万) 小学校高学年、保育園年少の4人家族です。 今 、現状はローンが多く無理のある家計になっています。 車のローンは、住宅の頭金で貯蓄が減り、新車ミニバンの購入にあたり現金一括払いでは現金が手元に残らなくなることに不安があり金利が1.8%だったことから3年ローンです。 主人の仕事は時間が不規則なため車を1台にすることは難しいです。 見直す所があればご教授お願いします! 住宅ローン 86,000円※33年後完済 太陽光ローン 25,000円※3年後完済 車ローン 35,000円※3年後完済 光熱費(電気のみ) 夏15,000円 冬20,000円 春秋5,000円 水道代5,000円 携帯代(3台)20,000円 PC,TEL 9,000円 スカパー2,000円 県民共済(旦那)2,000円 (私)2,000円 (子供×1)1,000円 (火災保険)3,000円 がん保険(旦那)2,000円 (私)2,000円 コープ共済(子供×2)2,000円 自動車保険(ミニバン)10,000円 (軽)3,000円 学資保険(300万円満期)13,000円 保育料25,000円 給食費(小学校)4,000円 (保育園)2,500円 主人小遣い (煙草、ガソリン、昼食込)30,000円 私小遣い(ガソリン、昼食込)15,000円 食費40,000円 外食5,000円 生活消耗品10,000円 ※洗剤、シャンプー、夜用オムツ、ティッシュ等 その他雑費10,000円 ※集金、衣類等 ーーーーーー 月収入42万円 月支出38.35万円 月貯蓄3.65万円(うち2万は自動積立) ーーーーーー 年間貯蓄合計(131万円) 内訳 月貯蓄3.65万円×12=44万円 子供手当8万×3回=24万円 ボーナス30万円 所得税戻り9万円 太陽光収入24万円 ーーーーーーー 年間貯蓄からの年間支出合計(33万円) 内訳 自動車税金(ミニバン)35,000円位 (軽)7,000円 車検・整備積立(2台分)10万円 固定資産税10万円 旅行代9万円 ーーーーーーーー 年間実貯蓄額(98万円) ローンを多く組んでいるので当たり前ですが、この貯蓄額に不安を覚えます。 3年後にはローンと保育料がなくなり、下の子小学生になるので私の年収が250万になるよう働きます。今より年150万円多く貯蓄出来ると思います。 そしたら旅行代を年間50万円に引き上げ年一回は家族で海外へ行きたいと思ってます。 退職金は二人とも見込めません。

 

2015年02月09日 A.回答
今は良い生活をされていますが、数年後、老後がかなり心配です。 国民共済は、要らないと思います。 その分、安い掛け金のコープ共済で手厚くする(一日入院1万円) 後、コープ共済のあいぷらすで万が一の死亡保障をかける。 ご主人の小遣いも少し減らせないでしょうか? 心配な点は沢山ありますが、子どもの教育費ですね。。 中学は公立・高校も公立・大学も国立だとまだましですが、 高校受験までの塾代・春季・夏季・冬期講習・・・物凄い金額です。 今度は、大学入試。 同じく塾代・大学の受験費用。私立大学の受験代。一校なら良いですが 何校もなると馬鹿にはなりません。。。 子どもが私立理系だと、4年間で700万以上かかります。 一人暮らしなんてなると、もう追いつかない金額になります。 子どもさん、お二人ですよね・・・ 今から教育費を貯めておかないと大変な事になりますよ。 交通費もかかりますし・・・ 後は退職金が無いのに、何故住宅を購入されたのか???です。 33年残っているとの事ですが、ご夫婦二人でずっと共働きをして 繰り上げ返済をして、早く完済しましょう・・・ 元気で過ごせれば良いですが、人生何があるかわかりません。 お互いのご両親の介護などをしないといけなくなると 奥さんの収入は無くなるか、半減してしまいます。 今は大丈夫と思っていても、先は真っ暗です。 頑張って繰り上げ返済して下さい。 外食なんてしている場合では無い家計ですよ。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較