高収入でも貯金できない固定費の罠に関するQ&A

高収入でも貯金できない固定費の罠に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「高収入でも貯金できない固定費の罠」をご覧ください。

2011年05月13日 Q.質問
結婚式のお金のトラブル 8年付き合った彼と妊娠をきっかけに結婚しました。 私は貯金があまりなく、うちの両親も4人兄弟なので結婚費用は一切出さないと家族で決めていました。 なので結婚式はしないつもりでした。 一方彼とその両親は結婚式と披露宴をきちんとやりたいみたいで、お金は御祝儀と足りない分はこちらで負担するので…という話で結婚式をすることになりました。 契約の段階で、全額式の5日前払いだったので彼に確認したら大丈夫と言っていたのですっかり安心して話を進めてしまいました。 新郎側50人、新婦側30人の計80人を招待で今の段階で380万です。 贅沢をしてるつもりはなく色々と出費は押さえてますが式場自体が高いところでした… そうしたら急に彼とご両親が「うちではこんなに払えないから仕方ないから両家で割って下さい」と平気な顔で言ってきました! うちは自営業で毎日の生活でやっと…あと1ヶ月で180万も用意できません! 弟は2年制の専門学校に通いはじめたばかりで、父に費用が出せないから辞めてくれないか…と相談されたそうです。 姉たちもお返しはいらないよ、と言ってできる限りお金を包んでくれるそうで…弟や家族の負担を考えるととてもじゃないけど式なんてできません… しかし話はどんどん進むし彼側にお金がないなんて言えないと父はすごく悩んでいます。 招待状も出してしまったのでいまさら式をキャンセルもできないしどうしたらいいのでしょう(><)?

 

2011年05月27日 A.回答
まず最初に。 (><)←こんな顔文字を使っているところからして、真剣に真面目に考えているとは思えませんね。 自分の結婚式のことでしょう? それはさておき、あなた方の無計画ぶりに、そもそもの問題があります。 8年も付き合っていながら、結婚資金の貯金もなし。 妊娠したからと、予定外の?出来婚。 お金がないのに、他人(彼両親)に甘えて分不相応な高価な挙式。 とても、いい大人のする事とは思えませんね。 なぜ、働いているのに、貴女も彼も貯金が出来なかったのですか? まだ結婚するつもりではなかったのに、なぜ避妊しなかったのですか? それに、彼両親が費用を出してくれるならと、高い式場で豪華な挙式。 全額出してもらうつもりだったのなら、あまりにも図々しすぎです。 それに貴女の両親も、非常識。 自分たちは費用負担する気もないのに、30人も招待するなんて、どんな神経をしているんでしょうか。 親娘揃って、厚かましく、たかり根性丸出しですね。 >急に彼とご両親が「うちではこんなに払えないから仕方ないから両家で割って下さい」と平気な顔で言ってきました!< と彼両親を非難していますが、間違っているのは貴女の方ですよ! 彼両親としては、結婚式はしないつもりの二人だし、出来婚なので、質素に身の程をわきまえた式をすると思って、 費用の負担を申し出たのだと思います。 それなのに、式だけで380万円なんて、全く想定外の金額を提示されて、驚きと憤りを感じたのでしょう。 本当にお金を出せないのではなく、厚かましい貴女と貴女両親への”抗議”だと思いますよ。 貴女の結婚式のために弟さんに進学を諦めてもらうなんて、論外です。 貴女の見栄と無計画のために、弟さんの一生を台無しにしても良いのですか? 貴女のお父さんも、何を考えているんでしょうね? つまらぬ見栄を張っている場合ですか? そして、肝心の彼は、どう考え、何をしているのでしょうか? あまりにも頼りなさ過ぎる印象を受けます。 これから家庭を構え、父親になるというのに、そんなことで大丈夫ですか? ・・・と、過ぎたことを責めても仕方ありませんが・・・。 結婚式は、キャンセルしましょう。 料理や演出や引き出物のランクを下げて費用を削る、と言う意見も多数ありますが、 色々削って”しょぼい”披露宴をしても、ゲストの方々に楽しんでもらえないと思います。 それでは、わざわざ来て下さるゲストの方々に対して、とても失礼です。 見栄を捨て、恥を忍んで、キャンセルの連絡をしましょう。 その上で、身の丈にあった簡素な式を、”自分たちの費用で”行ないましょう。 最後に、すぐにお子さんが生まれるのですから、結婚してからのほうがお金は必要です。 親になるという自覚を持って、彼と今後の生活についてよく話し合いましょう。 お子さんには何の罪もありませんので、お子さん第一に考えてあげて下さい。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較