ポイント還元率の高いクレジットカードの上手な選び方に関するQ&A

ポイント還元率の高いクレジットカードの上手な選び方に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ポイント還元率の高いクレジットカードの上手な選び方」をご覧ください。

2014年08月03日 Q.質問
「クレジットカードは使うな!」と言う彼氏。皆様の意見をください。 以前、「『株なんかやめろ!』と言う彼氏。」を質問した者です。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12131861872 社会人3年目、今年で25になる♀です。 長文になりますが、読んでいただけると幸いですm(__)m 付き合って3年弱になる、彼氏がいます。 結婚の話が出ています。 しかし、お金にからむ価値観が少し違うようです。 先日も、クレジットカードについて少し口論になりました。 それは、私がスーパーでの買い物の際にクレカを使った時のこと。 その時の会計は1800円。 食費を半分ずつだすルールになっているので、 彼と私が900円ずつ出すことになります。 その時に、彼が900円ちょうどがなく、1000円を渡してきました。 私は100円を返しました。これは普通のことだと思います。 しかし、私が2人分の会計をまとめ、1800円をクレカで支払ったところ、 彼が「クレジットで支払うなら、1000円は返して!」と言ってきました。 意味がわかりません。 そのスーパーで特定のクレカを使うと、 ポイントが溜まりやすいのです。 もちろん、一括で支払うので金額は変わりません。 このことをきっかけに、カードについて2人で議論。 (⇒以降は彼の意見) ・私「水道代や電気代はクレカの方がむしろ良い」 ⇒全て口座振り込みでその都度払っている。カードなんて使わない。 ・私「カードの方がポイントも溜まるし、手間もかからない」 ⇒口座振り込みは手間ではない。 ・私「カードで払うといっても、どんな金額のものも一括で払うので金額は変わらない。」 ⇒俺はカードを持っていなくても生活できている。カードはそもそも要らない。 というのです。 何故そこまでカードを嫌うのか?と聞くと、 「理由はないけど、使う理由がないから嫌だ」と。 ちなみに、過去にお金のトラブルはないそうです。(確認しました) 私は食費は3食自炊で1万円に抑えているし、家計簿をつけお金を管理し、この歳にしては貯金がある方だと思います。 彼は、自分の光熱費・食費すら把握していません。 (なので結婚後は私に家計を任せると言ってくれています。) クレカについて、皆様はどのような考えを持っていますか? 今まで彼のような反対意見を聞いたことがなく、色んな意見が聞きたいです。 ちなみに1000円は返しました。 こんなつまらないことで喧嘩を長引かせたくないので。

 

2014年08月09日 A.回答
以前外資系クレジットカード会社に在籍しておりました。 「金銭に関する価値観の相違」があって自分の価値観を相手に理解させるのは難しいですね。一般人において「クレジットカードを持たない」「現金主義」という人の多くは・・・ ①クレジットカードの支払を「借金」だと思っている、もしくは「手数料」が発生すると考えている人。 ②セキュリティ面での不安要素を抱えている人。 ③そもそも現金でも「自分でいくら使ったか?」という事を把握出来ない人。 ④現金払いのほうがメリットが多いと思っている人。 これらが主な理由だと思います。 彼がクレジットを持たないのは問題ないですが、ご質問者様にその価値観をおしつけるのはちょっと違いますね。 例えば、海外旅行において何か現地で予約等する際(ホテル・レンタカー・レストラン)、クレジットカードがないと予約出来ません。加盟店はそのカードの有効性(使えるかどうか?)を確認する為に必要なのですが、こちら側が「現金で払います」と言っても、当日になってキャンセルされたりと、お店側にとっては不確定要素が高い「現金支払いの客」は敬遠されます。 また欧米では特にクレジットカードを保有している事で「経済的に信用できる」となります。 これは私見ですがホテルのラウンジやレストラン、それなりのレストランでテーブルチェックで「現金」で支払う事はスマートだとは思えませんし、あまりそういった光景は見かけませんね。 おそらく彼はクレジットカードの基本的なシステム(支払システムやサイクル・ポイント還元・優待・保険等付帯サービス等)を理解されてないと思いますので、どうしてもというならその点をしっかり説明する必要があるかと。 反論として ①水道代や電気代を全て口座振り込みでその都度払っていても、一切ポイントが付かずにクレジットカード会社からの還元がない。 ②口座振り込みは手間ではない→クレジットカード払いはもっと手間がかからない。(口座での振込みはネットでも、都度何らかしらのアクションが必要) ③俺はカードを持っていなくても生活できている。カードはそもそも要らない。 →もちろんクレジットカードがなくても生活が出来るが、現在では持ってない事のデメリットのほうが多い。例えば値引きできない100万の商品を現金で購入してもその商品以外は何もないが、クレジットカードだと1~2%程度の還元率があるので、場合によっては1万~2万円分のポイント等、後々メリットがある。 現状で日本では3億枚以上のクレジットカードが発行されています。 成人人口で割ると1人当たり、約4枚程度のクレジットカードを保有している事になります。=クレジットカード保有者のほうがあきらかに多数派。 彼は光熱費や食費を把握していないとの事ですが、そういった金銭管理も「クレジットカードならWEBや明細で可能」という事もさりげなく言えるでしょうか。 またクレジットカードは「期限の利益」というものがあります。 極端な例えですが、8月7日締めで当月27日の支払いの場合、8月8日に1億円をクレジットカードで利用すれば口座振替(銀行での引き落とし)は9月27日です。 言い換えれば9月27日の支払いまでは1億円を留保出来るという事です。50日あるので「1ヵ月定期預金」のような金融商品であれば、1ヵ月預けても金利が発生します。 保障に関してもクレジットカードで購入した商品の紛失・盗難・破損等に対応するクレジットカードも多々ありますので、持っている事でマイナスになる事は「クレジットカードの紛失・盗難」を除いてほとんどないです。 そもそも大きな買い物をする際に、財布に何十万も入れて買いに行く事のほうがリスクが高いです。 余計なお世話かもしれませんが「結婚後は私に家計を任せる」という人でこのタイプであれば、おそらく毎月「これは何に使ったお金だ!」と事細かく問い詰められるかと思います。結婚してからの「金銭に対する価値観の相違」は「今後うまくやっていけるか?」という事の非常に大きなファクターになると思いますので念のため。 「1000円返せ」という発言も信じられませんし、男はやはり甲斐性だと思いますけど。 ちょっと古いですが彼のクレジットカードに対するイメージ戦略で・・・「MasterCard」の「Priceless」というCMでもユーチューブで見せてみたらどうでしょうか? https://www.youtube.com/watch?v=cRP-6VbVsiQ https://www.youtube.com/watch?v=Dpj2IYkDPg0
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較