補助金・助成金



児童育成手当

児童育成手当(じどういくせいてあて)とは、地方自治体が父子家庭を対象として行っている手当金制度。類似制度である「児童扶養手当」が国の制度で、父子家庭は対象とならないことから、自治体によっては児童育成手当という形で父子家庭への手当金の給付を行っています。
児童育成手当についての詳細

 

児童扶養手当

児童扶養手当(じどうふようてあて)とは、父親がいない、または重度の障害者である場合などに母親や養育者が受け取ることができる手当金のこと。支給額は満額で4万1720円ですが、親の所得額や扶養する親族の数などにより支給額が一部支給となることもあります。
児童扶養手当についての詳細

 

児童手当

児童手当(じどうてあて)とは、子供を育てている人に対して支給される手当金です。日本国内に住んでおり、所得が一定以下であれば受給することができる制度です。子供の年齢や人数により金額が変わります。
児童手当についての詳細

 

乳幼児医療費助成金

乳幼児医療費助成金(にゅうようじいりょうひじょせいきん)は少子化対策として行われている助成金制度で、子供の医療費自己負担分を各自治体が負担してくれる助成金制度です。なお、本助成制度は自治体レベルで行われており、対象年齢、所得制限、助成内容は自治体により様々です。
乳幼児医療費助成金についての詳細

 

出産手当金

出産手当金(しゅっさんてあてきん)は妊娠・出産のために産休を取り、その間お給料がもらえない場合に貰うことができる手当金。なお、被用者保険加入者限定の手当金で、国民健康保険にはこの制度はありません。産休により給料をもらえなかった日数の日給×2/3(標準報酬日額)が給付されます。
出産手当金についての詳細

 

出産一時金

出産一時金(しゅっさんいちじきん)は、出産すると一律にもらえる補助金。妊娠や出産は病気じゃないから健康保険は使えない。出産にかかる費用は地域にもよりますが、30~40万円くらいかかる。この出産一時金は医療保険加入者全員が受け取れるもので、子1名につき35万円が支給される。
出産一時金についての詳細

 

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較