交通費の節約



自転車で交通費節約に注意。自転車事故と賠償金

節約だけでなく健康面などからも「自転車通勤」を採用する人が増えているようです。企業などでも健康増進などの面で自転車通勤を優遇するような仕組みを取り入れるところが増えてきています。交通費の削減にもつながる良い節約術ではありますが、一つ注意点があります。それは事故を起こしたときの賠償責任です。
自転車で交通費節約に注意。自転車事故と賠償金についての詳細

 

交通系電子マネーは上手にポイントをためよう

SuicaやPasmoといった交通系電子マネー。関東以外でもそれぞれのご当地で様々な交通系電子マネーが存在しています。たとえば、福岡でも「Sugoca」「はやかけん」「ニモカ」といったように3種類もあります。こうした電子マネーはすでに相互利用が可能になっており、どれを使っても利用できます。その一方で「ポイント」が貯まる仕組みもあるので「自分が良く使う交通機関」の交通系電子マネーを活用しましょう。
交通系電子マネーは上手にポイントをためようについての詳細

 

ぶらり旅におすすめ青春18きっぷ

特に急ぎではない旅行をする方におすすめなのが「青春18きっぷ」です。これはJRの「普通列車」に1日乗り放題の乗車券が5枚セットになったものです。記名式で無いため、5人で1日利用でもOKです。また、利用日が飛び石になってもOKです。
ぶらり旅におすすめ青春18きっぷについての詳細

 

JR・私鉄のお得な学生割引(学割)制度

JRや私鉄などの鉄道では学割制度を設けていることが多いです。一般に短距離では利用できませんが、JRの場合は100kmを超える移動の場合学生なら2割引になります。また、その他の割引とも併用できます。
JR・私鉄のお得な学生割引(学割)制度についての詳細

 

若い人は飛行機利用にスカイメイト

スカイメイトとは、若者(12歳~22歳)を対象とした航空会社の運賃割引サービスです。事前の予約はできませんが、国内のほぼすべての航空運賃が最大で半額になります。事前予約できないので、飛行場に行ってあいている必要があります。
若い人は飛行機利用にスカイメイトについての詳細

 

急な飛行機利用は優待券を活用

仕事や急な用事で飛行機に乗らなければいけないとき、かなり高い金額で飛行機に乗らなければなりません。そういうときに活用したのが株主優待券。チケットショップではANA(全日空)やJAL(日本航空)などの優待券が販売されており、それを使うと通常価格の半額で飛行機を利用できる。
急な飛行機利用は優待券を活用についての詳細

 

飛行機は限定の割引を活用

飛行機に乗るときは、期間限定・予約時期限定・予約変更限定などの限定が付されている航空券が断然お得。予約変更がきかない場合があったり、搭乗日の1ヶ月くらい前には予約する必要があったりするなど条件も多いですが、1万円を切る航空券もあったりとお得が満載です。
飛行機は限定の割引を活用についての詳細

 

ETCを活用して高速代を節約

多くの人が実践している交通費の削減方法がETCを活用した高速道路代金の割引です。時間や区間にもよりますが、最大で50%の高速代が割引になります。また、09年3月からは全国どこまで乗っても上限1,000円で高速道路が利用できるなど、交通費削減にはかなり有効です。
ETCを活用して高速代を節約についての詳細

 

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較