エアコンの電気代を節約する扇風機との併用テクニック

実際の室温と人が感じる体感温度には差があります。風があれば体感温度は下がります。なので扇風機で空気の流れを作れば、実際の気温よりも体感温度は低く感じるでしょう。また、エアコンの冷気は足元に集まり、天井に熱がこもります。こちらについても扇風機(サーキュレーター)で空気を撹拌することができれば部屋の温度差が小さくなって体感温度が下がります。

このように、扇風機を上手に活用すればエアコンの設定温度を上げても同じような涼しさ(快適さ)を維持できるわけです。
実際にエアコンの設定温度を1度上げると、10%も節電になると言われています。

一方で、最近の扇風機(特に、DCモータータイプ)は消費電力が極めて低いです。
2W程度の消費電力で済む扇風機もあり、これだと24時間連続運転でも0.5円くらいの電気代しかかかりません。

エアコンと扇風機を併用すればかなりお手軽に夏の電気代を節約することができるはずです。

また、扇風機に空気清浄機能がプラスされたようなハイエンド商品も登場しています。扇風機は過去の物と思っているかもた多いかもしれませんが、今一度見直してみるのも良いかもしれませんよ。

>>扇風機の人気ランキング


関連記事
  1. 緑のカーテンで節電
  2. ドライヤーは短時間の利用で!
  3. エコワットで電気代を測定して節電に役立てる
  4. IH1口で複数の鍋を保温
  5. IHクッキングヒーターで光熱費節約

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較