手軽にできる超節税術。401k(確定拠出年金)で資産運用を超効率化

401k(確定拠出年金)というものをご存知でしょうか?年金の一種で、拠出した掛け金の運用の方法について自分自身で決め、その上で将来受け取ることができる年金額がその運用によって変わってくるというタイプの年金です。

大きく、勤務先が用意している「企業型」と、個人で加入する「個人型」の2種類があります。今回は中でも個人が自由に加入できる「個人型確定拠出年金」についての節税について紹介しています。

個人が自分の意思で加入できるもので、証券会社などを通じて加入することができます。
その最大のメリットは節税効果。

投資にまつわる節税としてNISAが注目されていますが、節税効果だけをみればNISAよりはるかに効果的です。

・掛け金の全額が所得控除
・運用益は全額非課税

となっています。NISAの場合は運用益が非課税になるだけですが、確定拠出年金の場合には掛け金が所得控除されるため、所得税や住民税などの節税にもつながります。
参考:個人型確定拠出年金とNISAの比較

デメリットとして、老後にならないとお金を戻すことができないという点がありますので、短期的な資金運用には向きませんが、掛け金は後から変更もできるので、長期的な老後資金のために上手に活用してください。


関連記事
  1. 便利になったふるさと納税、お得な制度を上手に活用しよう
  2. 主婦のパートの働き方と税金、社会保険
  3. コンビニ払いできる税金、健康保険料はnanacoで支払う
  4. nanacoチャージでクレカのポイントを貯めて、2重にポイントをもらう
  5. 消費税増税前に買っておくべきもの

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較