主婦のパートの働き方と税金、社会保険

主婦が家計の足しにするためにアルバイトやパートで働くということも多いでしょう。収入増は節約に勝るものです。ところが、主婦がアルバイトやパートで働くという場合には、税制や社会保険制度がその邪魔をすることがあります。働きすぎて逆に手取りが減ったというケースもありますので注意しましょう。

社会保険上の扶養から外れることは大きなマイナスとなる
特に問題となるのが社会保険です。
サラリーマンや公務員の妻は、健康保険が被扶養者として保険料を払わなくても良いことと、第3号被保険者として、年金の保険料も支払う必要がありません。

ところが、年収が130万円を超えると、社会保険上の被扶養者で無くなってしまうため、新たに国民健康保険+国民年金 or 勤務先の健康保険+厚生年金 への加入が必要となります。
多くの場合は、130万円未満よりも130万円を超える方が、手取りが少なくなるという逆転現象が発生することになるわけです。

こうしたことを130万円の壁とも言います。
参考:パート・主婦の103万円の壁と130万円の壁

おおよそですが、160万円以上を稼ぐつもりでないなら、130万円未満に年収を抑えるのが有利となるでしょう。


関連記事
  1. 便利になったふるさと納税、お得な制度を上手に活用しよう
  2. 手軽にできる超節税術。401k(確定拠出年金)で資産運用を超効率化
  3. コンビニ払いできる税金、健康保険料はnanacoで支払う
  4. nanacoチャージでクレカのポイントを貯めて、2重にポイントをもらう
  5. 消費税増税前に買っておくべきもの

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較