自転車で交通費節約に注意。自転車事故と賠償金

節約だけでなく健康面などからも「自転車通勤」を採用する人が増えているようです。企業などでも健康増進などの面で自転車通勤を優遇するような仕組みを取り入れるところが増えてきています。交通費の削減にもつながる良い節約術ではありますが、一つ注意点があります。それは事故を起こしたときの賠償責任です。

近年、自転車事故における自転車側の過失がかなり厳しく評価されています。対歩行者との事故では1億円を越える賠償命令が裁判所で出されたようなケースもあります。

自動車を運転する人が自動車保険に入るように、自転車を運転する人も万が一のための保険に加入しておくべきです

なお、火災保険や自動車保険などの特約に「個人賠償責任保険」といった保険があります。賃貸住宅を借りている人やその家族などは多くのケースで加入しているはずですので、保険証券を確認してみましょう。

ただし、個人賠償責任保険は業務中(通勤服務)での事故については保証対象外です。そのため、最近では自転車事故を幅広くカバーする「自転車保険」というような保険もあります。


状況に合わせて必要な保険には加入しておきましょう。


関連記事
  1. 交通系電子マネーは上手にポイントをためよう
  2. ぶらり旅におすすめ青春18きっぷ
  3. JR・私鉄のお得な学生割引(学割)制度
  4. 若い人は飛行機利用にスカイメイト
  5. 急な飛行機利用は優待券を活用

おすすめサイト

日常の様々なリスクに対応した「個人賠償責任保険」を知る
賃貸住宅の火災保険の特約や自動車保険の特約などに個人賠償責任保険があります。自転車事故に限らず、多くのケースで役立つ保険です。ぜひ知っておきましょう。


通勤・通学が自転車なら加入しておきたい自転車保険
個人賠償責任保険でカバーされない業務中の自転車利用がある場合には専門の自転車保険加入がお勧めです。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較