交通系電子マネーは上手にポイントをためよう

SuicaやPasmoといった交通系電子マネー。関東以外でもそれぞれのご当地で様々な交通系電子マネーが存在しています。たとえば、福岡でも「Sugoca」「はやかけん」「ニモカ」といったように3種類もあります。こうした電子マネーはすでに相互利用が可能になっており、どれを使っても利用できます。その一方で「ポイント」が貯まる仕組みもあるので「自分が良く使う交通機関」の交通系電子マネーを活用しましょう。

こうした交通系電子マネーはそれぞれの電子マネー管理母体の交通手段を使うとポイントが貯まるようになっています。一方で、母体外の交通手段を使ってもポイントは貯まりません。

たとえば、東京メトロ(地下鉄)の電子マネーPASMOのポイントは地下鉄乗車時にしかたまりません。JR(山手線など)にのっても付きません。逆もまたしかりです。

そのため、自分が良く使用する路線や交通手段を考えて、「どこの交通系電子マネーを使うか?」という選択が節約のために必要となります。

こまかいことですが、毎日の通勤や移動でポイントが貯まるわけです。上手にどの電子マネーを使うかを考えるようにしたいものですね。


関連記事
  1. 自転車で交通費節約に注意。自転車事故と賠償金
  2. ぶらり旅におすすめ青春18きっぷ
  3. JR・私鉄のお得な学生割引(学割)制度
  4. 若い人は飛行機利用にスカイメイト
  5. 急な飛行機利用は優待券を活用

おすすめサイト

ソラチカカード
ANAのマイルとPASMO(ポイント)が一体化したクレジットカード。それぞれのポイントの相互異動も可能。東京都内(東京メトロ)を良く使う人にお勧め。

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較