消費税増税前に買っておくべきもの

消費税が増税されます。
消費税時の増税は1989年に3%、1997年に5%、そして2014年に8%となりました。その後はリーマンショック等もあり、2015年に予定されていた増税は延期に延期を重ね、2019年10月を予定しています。

税率が高くなれば、その分、税負担も大きくなりお買い物をする上でもコストが増大しちゃいます。今回は消費税が増税される前に買っておくべきものを案内していきます。

重要と供給で考える。
まずは、重要と供給を考えます。需要が増えたら値段が上がり、需要が減ったら値段は下がります。
これは経済の基本です。
でも、この需要の伸び(減少)と価格についての影響については「価格弾力性」というので示されます。

まず、増税前は需要が大きく伸びます。先行重要というやつです。その後、増税が行われるとぐっと需要は減退します。先食いされた需要がなくなるからです。

ポイント1:増税前は高級ブランド品など値引きされない商品は買う
増税前に買うべき商品の第1は高級ブランド品です。これらは重要や供給によって値段を変えません。そのため、増税前後で消費税分の価格の差がでてきます。
ちなみに貴金属(金)なども日本国内では消費税がかかります。なので金地金などを買いたいと思っている人も増税前の方がお得です。

ポイント2:日用品も買う
日用品は需給で価格が変動しますが、価格弾力性が低いので、高級ブランドと同様に増税後は価格が上昇しやすくなります。そのため増税前に買っておきましょう。
ただし、日用は多くの場合、「スペース」を必要とします。高額な日用品は買っておいてもいいと思いますが、それ以外のものは買いすぎは無駄かもしれません。

ポイント3:高額消費は控えたほうがいいい場合も
高額消費。消費税増税というとこれがフィーチャーされますが、高額消費は控えておきましょう。住宅や自動車などの高額商品は価格弾力性が高い商品です。増税前は需要が大きいので値下げなどがされにくくなります。一方で増税後は需要が急減しますので、逆に値下げなどを引き出しやすくなります。
マイホームに関しては「低金利の住宅ローンに消費税増税前。今が買い時か?」でも詳しく説明されています。


関連記事
  1. 便利になったふるさと納税、お得な制度を上手に活用しよう
  2. 手軽にできる超節税術。401k(確定拠出年金)で資産運用を超効率化
  3. 主婦のパートの働き方と税金、社会保険
  4. コンビニ払いできる税金、健康保険料はnanacoで支払う
  5. nanacoチャージでクレカのポイントを貯めて、2重にポイントをもらう

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較

 

消費税増税前に買っておくべきものに関するQ&A

消費税増税前に買っておくべきものに関連すると考えられるQ&Aを表示しています。できる限り消費税増税前に買っておくべきものに合ったQ&Aを表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした