電気契約もライフスタイルで様々

電気代の契約には一般的な従量契約と時間帯別電灯契約という二つがあります。従量契約とは従来の電気代の考え方で、使用した電気の量によって電気代がかかるもの。対して時間帯別電灯契約は時間帯別に電気代の単価が変わる契約です。

時間帯別電灯契約では、夜の時間帯(11時以降)の電気代が一気に安くなります。共働きや一人暮らしで昼間はあまり家にいないという家庭は、時間帯別電灯契約にした方が電気代が安く付くケースもあります。
この場合夜の電気代は通常の4割くらいの電気代になる。ただし、昼の電気代はその分アップするので自分や家族のライフスタイルを考えて契約をするようにしよう。


関連記事
  1. エアコンの電気代を節約する扇風機との併用テクニック
  2. 緑のカーテンで節電
  3. ドライヤーは短時間の利用で!
  4. エコワットで電気代を測定して節電に役立てる
  5. IH1口で複数の鍋を保温

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較