水道代の節約術

あまり意識することは無いかもしれませんが、水道の利用もしっかり料金が取られます。 また、水道代と同じようにかかるものに「下水道代」があります。こちらは今は水道代と一緒に請求されるので同じです。 どちらも従量制の料金体系で、水をたくさん使えば使うほどお金がかかるようになっています。水道代は自治体などによっても違いがありますが、平均的に1000リットルの水に対して0.1円程度の水道代がかかる計算になります。 一般家庭において水道代がかかる場所としては「トイレ」「風呂」「炊事」「洗濯」などが中心的な場所であると言えるでしょう。こうした水道代、1リットル当たりの価格はたいしたことがなくても、チリも積もれば山となります。 逆にちょっとした水の節約をするだけで年間で考えるとかなり大きな節約となることもありえます。 水は大切な資源の一つです。賢く節約しながら限りある資源の保護にも役立てていきましょう。

お風呂の残り湯で洗濯をするのは得なのか?

節約に関する話題の中で、よく議論となるものの一つが、「お風呂の残り湯は選択に使うべきかそうでないか」という議論です。電気代のほうが高い、いいや水道代の節約効果のほうが大きいというような議論が交わされることが多いです。本当のところはどちらなのでしょうか?
お風呂の残り湯で洗濯をするのは得なのか?についての詳細

 

洗濯機のコース選択と節約

洗濯機を回す場合、ほとんどの場合標準コースを使っているのではないでしょうか?しかし、洗濯機には、汚れが少ない場合に利用すると良い「お急ぎ」「節約」などの様々なコースが用意されています。あまり汚れていない衣服などを洗濯するときは節約コースを利用することで水道代・電気代を節約できます。
洗濯機のコース選択と節約についての詳細

 

雨水タンクで水道代節約

雨水タンクとは、自然の「雨」をためておき、主に屋外のお花の水やりなどに活用する水をためておくタンクです。水道代を節約することができるだけじゃなくて、自治体によっては設置に対して助成金や補助金を出すところもあるのでチェックしてみよう。
雨水タンクで水道代節約についての詳細

 

水道蛇口に節水コマをつけよう

節水コマとは、水道の蛇口に設置する簡単な道具で水道を流しているときの水量を抑える働きがある道具です。自治体などで無料配布しているところもあります。節水コマを設置することで5~10%ほど水の量を抑えることができ、水道代を節約できる。
水道蛇口に節水コマをつけようについての詳細

 

洗い物は桶に水をためてから

食器などを洗う際は、洗い桶に水をためてから汚れを落とすようにしましょう。キッチンの水道の場合、節水コマをつけていないケースでは毎分12リットル近い水が使われてしまい不経済です。大まかな汚れについては洗い桶の中で落としてしまい、最後の仕上げだけ流水にすれば経済的。
洗い物は桶に水をためてからについての詳細

 

自宅で洗車する際はバケツを使う

自動車を洗車するのを自宅でしている人は、ホースを使って水を出しっぱなしにするのではなく、バケツに水をためて、その水を使う方が水道代という面から見ると効率的。水を掛け続ける方が早くきれいになるわけじゃないですし、水もホースで直接使うとおよそ200リットル近くも無駄遣いすることになります。
自宅で洗車する際はバケツを使うについての詳細

 

食器洗い洗浄機は省エネ?

水道代を節約すると言う意味では、食器洗い洗浄機の導入も一つです。初期費用は必要になりますが、ランニングで必要な水道代はおよそ1/10程度にまでなるとも言われています。また、最近の食器洗い洗浄機は省エネ型も多数販売されており、家事の手間の水道代も節約できると言う優れものです。
食器洗い洗浄機は省エネ?についての詳細

 

お風呂の節約術。水道代とガス代(電気代)を節約しよう

お風呂は、水道代とガス代がかかるもの。またやっぱり毎日湯船につかりたいという方や家族が多い方はお風呂によるガス代や水道代だけでもかなりのものになります。ここでは、お風呂に入る際に心がけたい様々な節約術を公開していきます。
お風呂の節約術。水道代とガス代(電気代)を節約しようについての詳細

 

日常生活における水道利用量を知ろう

私たちが生活していくうえでは必ず水を消費しています。水道代の単価はおよそ1000リットルあたり100円程度。つまり10リットルあたり1円ということになります(地域により異なります)。しかし、これだけでは中々ピンときません。それでは、具体的な様々な家事や生活ではどれくらいの水を消費しているのかを分かりやすく紹介していきます。
日常生活における水道利用量を知ろうについての詳細

 

水道代の計算方法を知ろう

水道代の計算方法についてですが、まず水道代は自治体により体系が異なります。しかし、大まかには料金設定や体系については似ています。基本として水道料金は「基本料金」と「使用量」により水道代が必要になります。
水道代の計算方法を知ろうについての詳細

 

シャワーとお風呂の比較

シャワーを使うのが良いのか?それともお風呂にお湯を張った方がお得なのか?ここでは経済的な面から見ていきます。原則として一人暮らしであればシャワーを、家族がいるならお湯を張った方が経済的になります。
シャワーとお風呂の比較についての詳細

 

節約に効果的 意外と見落としがちな「保険料」の見直しで節約

保険料のように定期的に発生する費用は意外と高額。自動車保険にしても生命保険にしても見直すことでかなりの家計節約になる可能性も。

生命保険料の見直し 生命保険の保険料節約なら、無駄な保障を外したり、ライフステージにあった保障への見直しが大切です。結婚・出産・マイホーム購入・独立などの大きなライフイベントの際には生命保険を見直し無駄な保険料を節約しましょう
>>生命保険無料相談サービスの比較
自動車保険の見直し 自動車保険は、更新前に必ず1度は保険見積サイトで見積を取りましょう。同じ保障で保険料の差が分かります。今なら無料見積りを行うだけでマックカード500円分がもらえるキャンペーンを行っている比較サイトもあります。
>>自動車保険の一括比較サイトの比較